≪ ここをクリックすると拡大図が見えます ≫
 
 
 
車椅子での移動。
(移動の自由も少なく表情も暗かった)
立位も不安定であり、常に介助が必要。
麻痺側(左)の足の緊張が強く、仰向けに寝ても足が降りず、伸びきったままになる。
裸足で立つと足の指が曲がり、踵も床につかない



歩行状態歩行速度が遅く、短い距離も歩けない。踵が床につかず、体全体が不安定で、体も前に大きく倒れるため、常に介助が必要。



一般的に用いられている短下肢装具を使用しても、歩行は変わらず、常に介助が必要


 
短下肢装具を装着しての立位・歩行も踵が床に着かない状態であった。



我々の運動療法、下肢装具療法を行った結果
 踵が床につくようになり、体も前に倒れなくなった。歩行速度も速くなり持続距離も大幅に伸びている。
現在では、室内の基本動作、歩行の介助が要らなくなり、屋外、坂道においても監視があれば歩行可能な状態に回復している。

踵もしっかり床に着くようになり、歩行も安定した。
表紙へ戻る
Copyright Yokohama Hospital. All rights reserved