固縮・痙性型の病形は痙性麻痺の伸筋優位型に似かよっていますが、伸筋優位型 の足より筋肉の緊張が非常に強く硬いため、自ら動くことが殆ど不可能になります。足は常に伸びきった状態になり、特に足首は非常に硬く、つま先は下向きで になります。そのため立位では麻痺側の踵が床に着かきません。足の底がしっかりと床面に着いていないため身体は非常に不安定になます。歩行は麻痺していな い方の足をなかなか前に出すことが出来なかったり、麻痺側のつま先の引っかかり足が出ないなど歩行は困難、殆ど不可能となります。 固縮・痙性型に対する従来からの下肢装具療法として、下向きになった硬い足首を、硬い装具で強制的に上を向ける方法。もう1つは、装具を作らずに、他のア プローチを試みる方法がとられているようです。硬い装具の理由とは、つま先の引っかかりを防止することが主目的となります。 処方される装具はプラスチック製でふくらはぎの上から足底まで覆われている靴べらのような形(シューホーンブレース)をしたものや、金属の支柱が両方のふ くらはぎの横を通り、その支柱に靴が取り付けられているもの(両側金属支柱付き短下肢装具)などが製作されているようです。 しかしながら、この装具では固縮痙性型の足が良くなることは殆どありません。その理由の1つとして、足が装具に入らない。抜けてしまうことがあります。そ れほど硬く、強く麻痺した足なのです。 また、装具装着が出来ていても、足だけでなく、身体も硬くなり、不安定で歩行 の獲得は困難となるのです。なぜなら、足全体が硬く伸びきり、麻痺した足を出そうと思っても骨盤が下(足もと)から突き上げられており、足首のみ上向きに あげても麻痺した足が長くなっているため足が出せない状況になるのです。また、麻痺した側の骨盤が突き上げられているため、上手に体重を掛けることが出来な くなり、身体が不安定になるため、良い方の足を出すことも困難となります。 以上のことから、装具を作らずに他のアプローチを試みる方法がとられる場合も あるのです。 固縮・痙性型の足に対する下肢装具療法は非常に難しいものとなります。



私共の固縮・痙性型に対する下肢装具療法の考え方は、まず、下向きに硬くなっ た足首を無理に上向きに矯正するのではなく、足もとから突き上げられた骨盤を左右同じ高さに整え、両方の足に体重がしっかり乗せられるようにすることから 始めていきます。 そのための使用装具として、プラスチック製長下肢装具(継手付)を処方、製作する。膝上15B程度までの大腿カフ(太股の前面部分に当てるパーツ)、膝下は 下腿シェル(ふくらはぎを後方から覆うパーツ)、足部には底板がきます。全ての連結には金属製の調節式継手を用います。 さらに重要となるのが補高靴(靴底の高さが左右違う靴)です。それでは、固縮・痙性型の理屈を説明してみます。 下向きに硬くなった足首に対し強制的に上を向ける装具にしてしまうと、足が装 具に入らない。抜けてしまうことがあります。そのため、足関節は装具の継手に て無理のない範囲で上方向を向けることにします(例:底屈位10°)。そうすれば足が装具に入らない、抜けてしまうということなく、足が装具にしっかりと入 ります。そのままでは麻痺した側の踵はどうしても床面に接地できず、浮いてしまいます。そこで、麻痺側の踵部分と床面にできた空間(スペース)を埋めるた めの補高を行います(底屈位10°の場合、三角比にて約4.7B)。これで、麻痺側の踵は着くようになりますが、これだけでは、まだ足もとから突き上げられた 骨盤の高さは左右差があり、歩行はできません。この骨盤の高さの左右差を整えるため、次に麻痺していない側の靴底に補高を行います。この高さは麻痺側の高 さ(4.7B)に合わせた高さに設定(約5B)します。これで麻痺した側の足は床面に対して垂直に立ち、骨盤の高さも左右同じ高さに整います。この設定にす れば麻痺した側の膝関節はまっすぐ伸びた状態で止まります。一応、装具の膝継手は膝に負担が掛からないように、若干曲げて(軽度屈曲位:伸展ー5°程度) 設定します。 この設定で、はじめて両方の足に体重がしっかり乗せられるようになり、立位・ 歩行の行える姿勢となるのです。ただし、この固縮・痙性型の麻痺は非常に重篤 なため歩行自立は最も難しいタイプとなります。
上へ戻る
Copyright Yokohama Hospital. All rights reserved