痙性麻痺の屈筋優位型は股関節、膝関節が曲がった状態で自分の力では伸ばしに くく、伸びにくくなります。そのため、屈筋優位が強くなればなるほど(重度)麻痺側の足は床に着くことが出来ず、麻痺していない方の足で立つことしかでき なくなります。この場合、歩行は出来ません。 屈筋優位が弱い場合(中等度〜軽度)は、麻痺側の足を着いて立つことは出来ま すが踵が床から離れていたり、両膝を曲げた状態で立つことになります。ゆえに麻痺側の足を「ソッ」と置くような感じとなり、歩行スピードが非常に遅い、距 離が伸びない、足の振り出し幅が少ないなどの弊害が出てきます。 痙性麻痺の屈筋優位型に対する従来からの下肢装具療法は、重度であれば立位や 歩行が困難となり適応になりません。唯一、訓練上で金属支柱付き長下肢装具を使用し、麻痺側の足を装具で強制的に伸ばしての立位や歩行を行うことが考えら れます。 麻痺側の足底が床に着き、両方の足で立つことが出来る場合に装具の処方が検討 されます(中等度〜軽度)。この場合まず足首の内返し(足が垂直方向の内側に 向くこと:内反足)が懸念されます。歩行時には膝折れなどないため、その内返しを止めるための非常にシンプルな短下肢装具(オルトップAFOなど)が処方、 製作されるのが一般的です。麻痺側の足が床に着いたときに捻れて捻挫などを起こさないための装具目的になると思います。麻痺側の足が床に着きにくい場合に は、麻痺側の足底(靴底など)にスペースを埋めるための補高をすることも考えられます。 しかし、この下肢装具療法は麻痺側の足を伸ばす、強めるといった考え方ではな く、危険なく(捻挫や転倒の予防など)歩行させることが目的となるため、前述した歩行スピードが非常に遅い、距離が伸びない、足の振り出し幅が少ないとい




私共の痙性麻痺の屈筋優位が強い場合(重度)に対する下肢装具療法は、従来の 考え方を踏襲します。麻痺側の足は床に着くことが出来ず、麻痺していない方の 足で立つことしかできなくなりますので、訓練上で金属支柱付き長下肢装具を使 用し、麻痺側の足を装具で強制的に伸ばしての立位や歩行を行います。屈筋優位が弱い場合(中等度〜軽度)の下肢装具療法の考え方は、まず曲がって 伸びにくい膝が、どうにかして伸びないものか、というところに論点をおきます。 屈筋優位が弱い場合(中等度〜軽度)、プラスチック製長下肢装具(継手付)を 処方、製作します。膝上15・程度までの大腿カフ(太股の前面部分に当てるパーツ)、膝下は下腿シェル(ふくらはぎを後方から覆うパーツ)、足部には底板が きます。全ての連結には金属製の調節式継手を用います。また、病状により補高靴(靴底の高さが左右違う靴で痙性麻痺の屈筋優位型の場合、主に麻痺側の靴底 を高く、反対側の良い方の足の靴底を低く設定します)や、麻痺側の足が外に向きやすくなっているため矯正を行うゴムバンド(ゴム製ツイスター)も用います。 上記の装具類を使用しながらリハビリを行っていくのですが、痙性麻痺の屈筋優位型に対するプラスチック製長下肢装具(継手付)の大腿カフの役割として太股 前面の膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)の活性化、筋力発揮を促します。屈筋優位といっても膝を最後まで伸ばせなくても(最大伸展0°)、ある程度は自分で伸 ばすことは出来ます。そこで歩行時の膝関節を観察・評価します。麻痺側の足が床面に着いているときの自分で伸ばせる最大角度(例:伸展ー5°)、その最大 角度ギリギリの少し手前(例:伸展ー7°)に装具の膝継手を設定します。そうすることで膝は伸びようと、装具は止めようとしますが、この装具はプラスチッ クで出来ているため、じわじわ膝は最大角度まで伸びようとします。つまり、大腿カフと麻痺した足との間で反発(抵抗)が起こり膝周辺の筋肉やお尻の筋肉も 強くする筋トレの効果もあります。歩行量を稼ぐことで膝は伸びよう、伸びようとしていきます(膝伸展筋の求心性収縮)。そして、経過を追いながら少しずつ 膝の継手角度を伸ばす方向(例:伸展ー5°→ー3°→ー2°といった感じ)にしていきます(伸展制動を緩める)。 そうなれば、麻痺側の足で強く地面を捉え、踏み返すことや、しっかりと体重を掛けて歩くことが出来るようになり、歩行スピードも速く、距離も長く歩くこと が出来るようになります。 また、屈筋優位型の場合は反張膝変形へは移行しにくい膝と考えられ、歩行が力 強く、安定したものが得られ次第、大腿カフを除け、下腿シェルを途中から切り 離し、プラスチック製短下肢装具に移行するようにします。
上へ戻る
Copyright Yokohama Hospital. All rights reserved