一見弛緩様弛麻痺は筋力を出す力が非常に弱く、関節を動かせる範囲も狭くなり ます。筋肉を触った感じも非常に柔らかくダランとした感じです。一見弛緩様麻痺は歩行時(特に麻痺側の足を持ち上げたとき)足首がダランと垂 れ下がります。そのため足先引きずったり、身体を斜めにして歩いたりといった 歩行になります。弛緩性麻痺のような膝折れはありませんが、膝の状態は非常に 不安定でガクガクするような感じになります。従来の下肢装具療法では、足首が ダランと垂れ下がるのを防止する下肢装具が処方・製作されるのが一般的です。 装具は短下肢装具というものを使用します。膝下から足底までのもので金属製の 支柱に靴が取り付けられているもの(金属支柱付き短下肢装具)と、プラスチッ ク製でふくらはぎの上から足底まで覆われている靴べらのような形(シューホー ンブレース)をしたものが一般的に処方されます。 一見弛緩様麻痺の場合、従来の短下肢装具ではなかなか歩行自立しないケースが 多くなります。それは膝がガクガク不安定で自分ではコントロールが難しのに、 足首のみが固められているため膝関節から上(膝を含む股関節や骨盤、胴体)が より不安定となりバランスがとれず歩行自立できなくなるのです。従来の下肢装 具は、麻痺側の足を床に着いたとき装具の作用によりふくらはぎ部分が前方向に 押され膝は曲がっていきます。次に麻痺側の足底が全て接地したとき(体重が麻 痺側の足に掛かったとき)に装具はふくらはぎ部分を後方向へ引っ張るように働 きます。踵が浮いたときには、膝はまた前方向へ押されます。装具を履くことで、 より膝が前・後へとガクガク不安定(過度のダブルニーアクション)になり歩け なく、歩きにくくなるのです。



私共の考えはこの一見弛緩様麻痺の膝が不安定でガクガクする感じ(過度のダブ ルニーアクション)に対し、まず膝をしっかりと止めてあげる。膝がしっかりと 固定(装具の力学的メカニズムにより安定)されれば、膝関節を取り巻く筋肉が 強くなり、バランス能力も向上するという考え方である。 使用する下肢装具はプラスチック製の長下肢装具を用います。。膝上15B程度ま での大腿カフ(太股の前面部分に当てるパーツ)、膝下は下腿シェル(ふくらは ぎを後方から覆うパーツ)、足部には底板がきます。全ての連結には金属製の調 節式継手を用います。また、病状により補高靴(靴底の高さが左右違う靴で一見 弛緩様弛麻痺の場合、主に麻痺側の靴底を低く、反対側の良い方の足の靴底を高 く設定します)や、麻痺側の足が外に向きやすくなっているため矯正を行うゴム バンド(ゴム製ツイスター)も用います。 上記の装具類を使用しながらリハビリを行っていくのですが、簡単に理屈を説明 してみます。一見弛緩様麻痺は何度もいうように、膝がガクガクし、非常に不安 定なため歩行の自立の妨げになります(従来の装具では膝の不安定性をより助長 することになりかねません)。 まずは長下肢装具の足関節にある継手を少し下方向(軽度底屈位)に固定します。 そのことで、ふくらはぎの部分(下腿)は後方向へ引っ張られる形となり膝関節 はロックされる状態になります。膝が単にロックされた状態では、膝関節を取り 巻く筋肉が強くなりません。それどころかこの状態では膝関節に痛みが生じたり、 後に反張膝変形に移行しやすくなります。そこで長下肢装具が必要となるわけで す。装具の膝関節部分の継手を少し曲げて(軽度屈曲位)設定します。そのため 膝は完全に伸びきる少し手前で止められる(伸展制動)感じになります。しかし、 この装具はプラスチックで出来ているため、じわじわ膝は最後まで伸び、膝はカ チッと止まります。また、装具の膝関節部分の継手を少し曲げて止め、歩行訓練 を続けることにより、大腿カフと麻痺した足との間で反発(抵抗)が起こり膝周 辺の筋肉やお尻の筋肉も強くする筋トレの効果もあります。そのためバランス能 力は向上し、麻痺側の足にもしっかりと体重を掛けて歩くことが出来るようにな ります。大腿カフ(膝の継手)のもう一つの効果として、先に話した膝関節の痛 み防止や、将来的な反張膝変形の予防も行えます。


上へ戻る
Copyright Yokohama Hospital. All rights reserved